スムージーは粉末タイプが使いやすい

グリーンスムージーを盗ることにより、もともとヘルシーな食生活の方はタンパク質が不足するケー。

タンパク質が不足してしまうと筋肉が落ちていくことがあります。筋肉量が収まるって基礎代謝として消費繋がるカロリーが減ってしまいますので、結果的に痩せづらい体を定めることになってしまいます。

日々の食生活を付け足し、肉・魚・卵・大豆などタンパク質は敢然と摂取するようにしましょう。

継続して摂り続けていない

手軽なダイエット法ですグリーンスムージーですが、忙しいヒューマンの生活ですと「そもそも朝食に時間をかけられない」という方も多いかと思います。

ミキサーの掃除や材料の確保など、意外と面倒で続けられないという人も多いのではないでしょうか?

自作が面倒という方は、水に解かすだけで取れる粉末タイプのものがおすすめです。自分に当てはまる栄養を・・・は難しいかもしれませんが、バランス良く配合されている上に低カロリーなのも魅力。

酵素のダイエット効果

グリーンスムージーをメリット、デメリット

グリーンスムージーは、生の葉野菜(グリーン)と果物(フルーツ)を混ぜた飲み物。

野菜とフルーツをブレンダーで混ぜ合わせれば、誰にでも簡単に作れます。

グリーンスムージーはもともと、ローフードの食習慣から生まれました。

ローフードは?

加工されていない、生の食材による食品、
あるいは、食材を極力生で、摂取する食生活のことである。
全食事の、60-100%がローフードであれば、
ローフーディズムの実践者であると出来る。

ローフードの実践者の中には、生であれば、
動物の肉や、その他の動物性食品を召し上がる者もある。

食物が持つ、加熱を通じて失われがちな
酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく
摂取することを、目的とする。

グリーンスムージーは生の野菜と果物から生まれるため
効率よく、酵素やビタミン、ミネラルを体に摂る事ができます。

その結果、

一年中に必要な野菜の量を、簡単に摂取できる。
体に必要な栄養素を、簡単に吸収こなせる。
エネルギーレベルを、激しく保てる。
頭がクリアに繋がる。
食物繊維が、十分にできる。
食生活のなかで、油分って塩分を減らすことができる

こういう効果が高まり、健康増進に役に立つということで
注目をあびるようになりました。

グリーンスムージーのレシピ

代表的な、グリーンスムージーを紹介します。

オレンジ  2個
バナナ  1本
キウイ  1個
ほうれん草(または小松菜)  1/3パック
水  1カップ程度
⬆の材料をジューサーやミキサーでブレンドすれば出来上がり。
こういうレシピは、果物が多く、初心者にも呑み易いだ。

グリーンスムージー

慣れるに従って、青野菜の量を増やして、
果物の量を減らしていくといういいですよ。

グリーン!グリーン!の甘みの少ないスムージーになります。

グリーンスムージーの長所

グリーンスムージーの、一番良い点は
日頃、不足しがちな野菜や、果物を簡単に大量にできることです。

⬆のレシピにおける、オレンジ2個、バナナ1本、キウイ1個
ほうれん草(または小松菜)1/3パックを、食べようとすると
意外と量が多いことに驚くはずです。

摂る前に皮を擦りむくのも面倒ですよね。

それが、グリーンスムージーに変身させると
大量の野菜や果物を簡単に摂取できるのです。

毎朝、1杯のグリーンスムージーを朝食にするため
一年中に必要な野菜や果物を簡単に摂取でき、ミネラルやビタミンを
体にチャージできます。

2番目に野菜嫌いにはピッタリ!

野菜嫌いなひとも、愛くるしいフルーツといっしょなので
意外と呑み易い!と好評です。

家族で食事

野菜嫌いの子供のために、スムージーを始めるようになったところ
グリーンの味にこどもが慣れて、野菜嫌いが直ったという
ケースもあるそうです。

3番目にはダイエットや美肌に効果がある

もともとは健康的な食生活のために生まれた
グリーンスムージーだ。

便秘が治った
体重が減った
肌が若返った

こういうダイエット、美肌効果などのプラスの効果があるかも?

極端に摂る量や食するものを制限するダイエットに比べると、
はるかに、ヘルシーで、グリーンスムージーは、摂る量に制限がありません。

たくさんになるまで
3杯や4杯のんでも、カロリーは、はるかに少ないです。

お腹が収まるダイエットに比べると、はるかにヘルシーで楽ちんなダイエット法といえるでしょう。

グリーンスムージーの欠点

いいとことだらけのグリーンスムージーのようですが
欠点はないの?と、さらに検証してみました。

まずは、お金が加わる!

新鮮な野菜って果物をたくさん必要とするため
やり始めると、出費が痛いです。

慣れてくると、各種レシピに試したくなるので
そのぶん、野菜や果物の種類も増えます。

季節によっては、ほうれん草や小松菜、フルーツの
値段がかなり高騰決める。

毎日、グリーンスムージーを実行するには正直、お金がかかります。

2番目は、ブレンダー選びに、注意が必要!

グリーンスムージーを仕立てるには
低速回転ジューサーでないと、せっかくの野菜や果物の酵素が壊れてしまう。

ブレンダーやジューサーは家庭における普通のものでは
効果がないという人もいるくらいだ。

こういう説に関しては、さまざまな意見があり、
逆に、パワーのある高速回転ジューサーやミキサーで
短時間でブレンドするべきだという意見もあります。

酵素が壊れないジューサーを厳選しないと喜ばしい効果が望めません。

グリーンスムージーの効果を最大限に
とりいれるには、ジューサーやミキサーの
選び方に気をつける必要があります。

グリーンスムージーのコツ

グリーンスムージを創るときに気をつけないといけないこと。

葉っぱもののグリーンを準備する。

豆類やでんぷん質の野菜は使えません。

グリーンスムージー、NG野菜

キャベツ、にんじん、白菜、ビーツ、ブロッコリーの茎、
ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、
ナス、カボチャ、オクラ、さやエンドウ、トウモロコシ

これらの野菜は避けてくださいね。

材料は皮ごとつかう

野菜はもちろん、果物は丸ごと使います。

皮ごと、丸ごと食べたほうが、
果物の酵素、繊維、ミネラルを摂取できるからです。

冷え性に注意

これは、グリーンスムージーのみではなく、
ローフードの実践者に数多く生じるコツだ。

生の野菜や果物などの熱を加えない食べ物は
冷え性を引き起こすことがあります。

三食、グリーンスムージーだけというような
極端にローフードにかたよった食生活で
冷えを引き起こすこともあるので注意が必要です。

お尻に出来たニキビ跡はどうしたら治る?